2016年11月12日

ちゃんとしなきゃ!お金の話

一般社団法人体力メンテナンス協会認定
・産後指導士
・体力指導士
・バランスボールインストラクターUCOです。

今日は久々にお勉強DAY!
何の勉強かと言いますと・・・。

「お金」です。

その名も

~20代・30代から考える~
お金の守り方・貯め方・増やし方

家族のためのライフプランセミナー​


ハッキリ言いましょう。

私はお金の管理と数字が苦手です。
THE どんぶり勘定。

自慢できるような話ではないですが、
毎年、年末か年始に可愛い家計簿を見つけて買って「今年こそは!」と意気込んでみるものの、MAX3月までしか続いた試しがありません(汗)

コツコツやるのも苦手です。

でも苦手だからこそ結婚してからはどんぶり勘定でもやっていけるように、あれこれ考えて学んで実践してきました。

そんな私にもってこいのセミナー。
今までの考え方、やり方は合ってるのか?新しい学びや発見はあるのか?一人豊橋まで行って参りました。

講師の先生は豊橋市でラジオパーソナリティーもされている
ファイナンシャルプランナー兼住宅ローンアドバイザーの
伊藤由美子先生


3人のお子様がいらっしゃる伊藤先生のお話はとーーーっても分かりやすく、まさに今!子育て世代が気になるお金のお話をしてくださいました。

まず、必要なことは将来的に必要なお金の洗い出し。
こどもが大学に入る為にいくら必要?
それを貯める期間はどれくらい?
それを月で割ったらいくら?

という感じ。

大学ってお金かかるよねー(´・ω・`)
っとぼやーっとしかイメージできていなかったもの一気に現実味を帯びてきます(ちょっと怖い)

我が家の場合、2台分の車の買い替えや、家の修繕費なんかも将来的に必ず必要なまとまった出費です。

それを逆算して考えるわけです。

ポイントは頭で考えてばかりいないで書き出してみること。

これは数年前に私もやったことがありましたが、久しぶりに考えてみるとこどもが増えていたり、車が増えていたりして、数年前とは必要なものも変わっていたし、実際に書き出すことで数字が明確になって、「これはやらねば!」とインプットされました。

そして今回のお話の中で一番印象に残ったのは、削るべきお金のお話。
食費、光熱費、ガソリン代→流動的なお金
教育費、家賃(住宅ローン)、保険→固定費

先生は仰いました。
削るべきは……固定費!!

えええーーーー(゚Д゚;)!!!
私は食費、光熱費を何とか抑えようと毎日必死だったのに(゚Д゚;)
今朝も水を出しっぱなしにして遊ぶ次男にコンコンと「お金がチャリンチャリンって
流れていくのと一緒なんだよ!」とプリプリ怒っていたのに(゚Д゚;)

いや、もちろん日々の無駄使いや無駄な買い物をなくしてそこを抑えるのは大事なことだけれども、固定費を削ると大きくお金が節約できるという事です。

特に住宅ローン。

今はここ30年の中で最も金利が低い時、3年前に借りた人でも金利が変わっているので見直すと数百万円総支払が変わるかも!

そして保険、保険も社会保険制度をよく知れば、無駄な部分や重複している部分なんかもあったり、保険の種類によってはかなり支払いに差が出てくるので、まずは社会保険制度
をちゃんと知って、家族にとって本当に必要なものって何だろうな。という視点で見直すことも大切!

この社会保険制度と保険の話は知っているのと知らないのでは本当に考えるポイントが全然違うなと思いました。社会保険制度なんて、キチンと自分で興味を持って調べないと、いつもお給料から引かれてる物。健康保険のお金でしょ?くらいしか知識がなく、なんか難しそうだし。とスルーしがちですが(私だけ?)これは本当にもったいない事だというのがよく分かりました。

お金の話って難しかったり、聞きづらかったり、話しにくかったりしますよね。
でも伊藤先生のようにファイナンシャルプランナーさんが、そういう話を聞いて下さり、教えて下さいます。

今日は1時間のセミナーでしたが、はっきり言って全然足りない!
もっともっと深く掘り下げて聞きたい話がてんこ盛りでした!

主婦にとっては切っても切れないお金の話。
またご縁があれば勉強しに伺いたいです。


  


Posted by UCO at 23:59Comments(0)まなび